紫檀と象牙の塗香容れです。
象牙の蓋をずらして、塗香を出します。紐の先にも象牙が付いていて、帯等に挟めるようになっています。
象牙を使用したこの形は、現在作れないとのことで、大変希少なものです。
紫檀(ローズウッド)も希少になってしまいましたものね。紫檀の模様がまた美しいです。

底の象牙の中心にすがありますが、紫檀くりぬきの底なので、中のものがでてしまうわけではありません。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。