自分がスーフィーを学んでよかったと思えることは沢山あります。今の自分の根本であると思っています。
ハートに入っている時間。何よりハートで神と結びついている安心感と幸せ感、完全に自分をわかってもらっているので、他人に自分がどういう人間か、どうみられたいか、なんて全く思わないこと。
実際、ハートに入っていれば予知夢等見ますが、話すのも面倒くさい。ただ普通の話ではなく見たということが話題になってしまう。それが自分の才能・能力ではなく神様から与えられたもの。自分が謙虚になればその分入ってくるものです。特別なものではありません。
天変地異や大きな問題があると、予知していたと言われる「自分は特別」とアピールする方がいらっしゃいます。それをすごいと思い自分にはないと残念がる方と半々です。
外側の賞賛を求めるのは、自分の内側に不足を感じているからです。
どちらの人も不足を感じているのです。
本当はひとりひとりその能力は持っているもの、ただ気づかない、合わせ方がわからないだけなのです。
ですから、それが自慢になることでは全くありませんし、嘆くことでもありません。
それよりも、不足を感じないで生きることに目を向けませんか。
他の人がどんなものを食べたか何をしたか等に時間と意識をかけるのではなく、自分の内側、ハートに意識を置くこと、そこにしか安らぎはありません。
安らぎ、本当の自分を生きるための、ヒーリングセッションを行っています。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。