先月、今月と中国広東省中山市から天英茶業日本総代理店長だった張さん、矢部さんご夫妻がおみえになりました。先月は香港ペニンシュラホテルの月餅、今回は今年の焙煎が終わった岩茶を持って来て下さいました!
今年、福建省武夷山の茶業局が、岩茶の販売の際にその生産地の表記記載を指示したそうです。
ですので、肉桂も「竹ぐ(つぐ)肉桂」「牛欗坑肉桂」と世界遺産内にある茶畑の名前まで入っての販売です。
これは2010年から天英茶業で行っていたことです。よりシングルオリジンの個性がでますね。
よいことなのですが、大紅袍のように、ブレンドされるようなものはなくなるよう。
外山茶は岩茶じゃないと常々感じているので、外山茶は外山の表記になることは喜ばしいです。
京都の寺院の僧侶の方々にも天英茶業の岩茶は好評をいただいております。
近々、お茶会を行います♪

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。