越冬組の蛹さんの80%が寄生され、残った3匹が無事、アゲハチョウに翅化しました。
越冬組さんはアゲハ蝶でも小さいし、半年間蛹で待機していた姿を見ているのでより愛着があります。
翅が乾いて飛べるようになったら、外の世界に放ちます。それでも毎日カシャヤの花の蜜を吸いに来たりや2階ベランダまで来てくれます。
ただ先日悲しいことがありました。飛び立った翌日、カシャヤの門扉の前で、そのアゲハチョウさんが片側足だけをもがれて道路に落ちていました。最初はわからず飛べるように、お花に乗せてあげました。が、すぐ落ちてしまいます。その間翅は傷ついて折れてしまうし(泣)。結局、自宅で保護して、花と甜菜糖水を飲ませていたのですが、虹の橋に飛んで行ってしまいました。
あとは、4月初め、柚子の木で黒アゲハの蛹さんを発見。胸の処の糸が切れて?逆さまになっていました。生きているかわからないのですが、とりあえずこのこも保護しています。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。