HOMEへ ヒーリングへ フラワーエッセンスへ ヒーリンググッズへ お香へ アロマセラピーへ 水晶へ
和の香り・お香
お香の日本での歴史は、595年淡路島に香木が漂着し、聖徳太子がこれを「沈香」と伝えたという日本書紀の記述が最古になります。
それ以前から仏教の伝来と共に香が伝わっていたともいわれています。飛鳥時代の古墳からは匂い袋の原型のようなものが発見されています。
その後、薫物が伝来し、仏様にお供えするお香の他、平安時代には貴族の教養として練香等の薫物が流行り、鎌倉時代になると武士たちの間で香木だけを焚きだします。
江戸時代になって初めて線香が中国から伝わりました。
日本のお香の原料は香木の他、漢方薬の原料になっている植物が多く使われています。
昔は薬の役目もあったため、心と身体に優しい香りです。
普段この香りを聞き慣れないため、「お寺の匂い」とかと敬遠してしまい、合成香料をたっぷり使ったインセンスに心地良さを求めるのはちょっと残念です。
和の香りの原料ひとつひとつの香りを聞くと、どこかで聞いたことのある懐かしい香りだったり、急にお腹がすいてしまう香りだったり、心に染みいって落ち着いたり、さまざまです。
アロマテラピーを通して、西洋の植物の香りに造詣が深まった今、和の香りを振り返ってみませんか。
まだまだコンテンツが少ないですが、原料の紹介等増やしていく予定ですので、ご覧になって下さいませね。
 
Copyright (C) 2002 Kashaya All Rights Reserved.
ページトップへ ホームへ 通信販売法に基づく表示 お問い合せ