黄色や赤、橙、灰色のサファイアにシルバービーズの2連のブレスレットです。
全長18.2㎜。
昨日は、自分の写真展と国立新美術館で行われている毎日書道展に友人の作品を見に行きました。毎日書道展の企画展示は、書の用具・用材を知る「筆・墨・紙・硯の世界」で、どれも見ごたえがありましたが、何より墨。膠の匂いをマスキングするために入れられる香料として龍脳や麝香を存じておりましたが、その他、白檀、甘松、梅花等もあったとのこと。墨の箱を開けた時に匂う香りは「振香」といって、包装時に箱に入れる香り。墨を磨って漂う香りが典雅を好む墨客に愛され良質な龍脳が好まれたそうです。現在は調合香料とのことでした。
小学1年の頃、近所のお寺での書道教室に通い始め、初回に先生の指示通り墨を磨って…大勢のクラスだったせいか(又は存在感がなく)先生に忘れ去られ声も掛けられず、私もいいのかな?と思いつつドキドキしながらひたすら長い時間墨を磨り続けていたいたのが、墨の香りの思い出です。なんて内向きだったのでしょう。(笑)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。