先日の激しい雨の中、山椒の葉の上で耐えていたアゲハ蝶の幼虫さん、保護してしまいました。
5月初めから、柚子の葉から保護したアゲハ蝶の幼虫柚子組さんたちが蛹に殆どなった頃、近所の金柑の葉から保護した金柑組さん、そして金柑組さんが終令・蛹になり始めた頃今度は山椒の葉から保護した山椒組さんがやっと数日前から蛹になりました。
自然のままにしようと思いつつ雨に流されたり、毎日雀や蜂に襲われて数が少なくなると忍びなくなり保護してしまいます。隣の家の烏山椒(今まで目にはいっていたのにそれが烏山椒とは知らなかった)にみかけない幼虫がいて、毎日数が減り最後巨大な青虫が一匹だけ残ったので保護し、調べたら黒アゲハの幼虫でした。そのこも現在蛹になっています。
終令になると食欲旺盛で、一日にかなりの葉を用意しなくてはなりません。山椒で保護した子に柚子の葉を与えてもお口に合わず一寸しか食べないし、山椒が足りなくなりそうで烏山椒を2本購入してしまいました。
炊き込みご飯に載せた自宅の山椒の葉に数の子のようなアゲハの卵を発見。駄目もとで置いておいたら、孵化しました。現在はその子と雨の中みつけた極小の子たち。小さいうちは食べる葉も少ないので手がかからず、やっと小休止。
明後日あたりには、金柑組の最後の蛹が羽化しそうです。

羽化前には翅や胴体の縦縞の色が透けて見えます。
14日朝に羽化した12番さん。

羽化直後。
プラスチック容器の内側に貼ったネットに捉まっていたのに、この後落下してしまいました。飼育されている方の記録を読むと翅が広がらなくなるとあったので、一瞬パニックになりながらも、枝を近づけたら飛びつくように登ってくれました。その間5秒位だったでしょうか。
その後、私は外部講座だったので外出、帰宅した時には次の写真のように翅を広げていました。よかった。
この後外に出し、無事に飛んでいきました。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。