コンゴ産天然シトリン原石。
さて、今日は文京学院大学生涯学習センターの単発講座「武将が夢中になった沈香と伽羅」を行いました。お香づくりではなく、沈香・伽羅の話と香木(沈香・伽羅)を焚く内容。
おかげさまで定員の20名満員でした。以前「和の薫りお香をつくる」講座に参加下さった方5名、現在受講中の方もご参加下さいました。誠にありがとうございました。
武将からの切り口で行ってみたのですが、如何だったでしょうか。
お香木は、旧上品タニ、泥タニ、極品黒タニ、宝印、伽羅、銘付き伽羅と豪華な6種類。4人づつで香炉で焚いていきました。90分では盛り込み過ぎて延びてしまい2時間の方がよかったかもしれません。企画する時にはそんなに話せるか心配するのですが話し出すと停まらないので。(笑)
終了後には、早速センターの担当者様から秋の講座の企画も打診して頂きました。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。