この暑さと湿度のお蔭で、床の間に飾っている沈香が香ります。
部屋に入ってふっと気がつきました。このインドネシア産とマレーシア産の2種類です。焚かなくても楽しめることに皆様驚かれることでしょう。
さて、来月から、ベトナム産の甘系、宝印(上馬蹄型沈香)1,350円/g、極上ツメシャム840円/g、インドネシア産の辛系、極上泥沈み2,400円/gが廃盤になります。どれも香りでは上位クラスのものばかり。近年産出量が減っているだけではなく輸出規制もあり、手にはいりづらくなっています。その他の種類も値上がりされるものもあります。
そんなに多くはありませんが、カシャヤでは極上泥沈みの姿もの、バランスのよい薫りのM-1の姿ものなどもあります。沈香の聞き比べのできる12種類セット「沈香揃え」も限定で用意しております。7月27日にカシャヤで沈香の薫りを聞く会と展示即売会(?)を行いたいと存じます。ご興味をお持ちの方がいらっしゃれば、ご連絡頂ければ幸いです。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。