(写真 文京学院大学生涯学習センターの受講生の方の作品)
先週3日間、仏像彫刻展やさしい小仏像に遭える会にて、匂い袋づくりを行わせて頂きました。
毎年続けて匂い袋をご注文下さる方、全く初めての方、様々で、それぞれに気づかせて頂くことが多いです。
全く初めての方に、老山白檀とフィジー産白檀の紹介もせず香りを聞いて頂くとフィジー産白檀の方が好きと仰る方が圧倒的に多く、私自身もフィジー産のよさを再認識。フィジー産で仕上げる調合を磨きました。
また、昨年作った匂い袋をお持ち下さるとその時の会話を思いだしたり、楽しい時間でした。
細くて独特の美しさのある仏像に目を留めそこにあるコメントを読んだら、最初細く削りすぎたのでやめようと思ったら先生が仏様が見えるから続けなさいと仰って下さったので続けて作品になったとありました。
自分の意識と別の処ですね。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。