4月上旬、南西フランスの歴史ある美しい村とカトリックの3大聖地のひとつルルドを訪ねました。

朝早く未だ人も疎らな頃、マサビエルの洞窟、奇跡の泉に水を汲みに行きました。

蝋燭が焚かれ、既に信者さんはお祈りをしています。

聖域内で、おメダイとアメシストのロザリオ、ペンダント等を求めました。
カシャヤにて、販売しております。



夜20時半位からだったでしょうか、蝋燭を灯しながらご詠歌?を謳いながら、敷地内を行列で歩きます。写真は当日、要所でずっと立っていたボランティアさんと神父さま。
汲んできたルルドの水は必要とされる方のもとへと渡り、現在カシャヤにも少し残っております。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。