道路に野良牛と野良犬がたたずんでいて(寝ているこも多い)、そのすぐ脇をスピードをだした自動車、バイク、自転車やリキシャが通り過ぎます。見ていてひやひや、かなり疲れました。

ベナレスで。この時は車は少ないけれど、狭い中央分離帯で2匹とも怖がっている姿です。

ここでも車は少なかった方。野良牛さんは悠然と。

アグラで。これは飼われている水牛さんが川方面へと移動中。

朝陽のタージマハルを見に。観光客から餌がもらえるとわかって、一定の距離を保ちながら寄ってきます。

その後公園をでたところで、野良犬に餌をあげていました。朝、各家でチヤパティを焼くと、最初の1枚目は野良牛のため、家族分を焼いた後の最後は野良犬のために焼いて施すそうです。
私もホテルの朝食のパンを犬にあげてました。

夕焼けのタージマハルを見ながらティータイムの時も、ガリガリの授乳中のお母さん犬が一定の距離を保って寄ってきたので、紅茶についていたクッキーをあげました。元気に子育てできますように!
ジャイプールでは交通量の激しい道路で子犬ちゃんがひかれてしまっているのをみて(泣)へこんでしまいましたが、野良犬たちとも一緒に生きているのと許さない日本と、どちらが幸せなんでしょうね。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。