ブラジル産水晶原石。
水晶の中のクラックではなく、隣り合っている水晶との境できれいな虹がみられます。
昨日は「レ・ミゼラブル」、今日は「もうひとりのシェイクスピア」を観て来ました。ストーリーと映像ではもうひとり~のが面白い。シェイクスピアの直筆原稿が残っていない、あの内容を庶民が書けるわけがないというところからの発想。今年はもっとヒットしてもいいのに勿体ないと思える映画が幾つかありましたが、これもそう思った一本でした。今年観たのは、「灼熱の魂」「マネーボール」「J・エドガー」「マイウェイ12000Km」「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」「マーガレット・サッチャー」「イップマン・誕生」「ドラゴンタトゥの女」「青い塩」「証人」「捜査官X]「裏切りのサーカス」「ヘルプ・心を繋ぐ」「ル・アーヴルの靴みがき」「幸せへの奇跡」「ソウルサーファー」「サニー永遠の仲間たち」「海猿」「崖っぷちの男」「アウンサウンスーチー」「ヘルタースケルター」「コンシェンス/裏切りの炎」「強奪の三角」「やがて哀しき復讐者」「ローマ法王の休日」「最強の二人」「ハーバークライシス」「踊る大走査線ザファイナル」「天地明察」「ボーンレガシー」「そして友よ静かに死ね」「人体発火」「悪の教典」「007スカイフォール」「のぼうの城」「北のカナリアたち」「七日間の恋人」「レ・ミゼラブル」「もうひとりのシェイクスピア」合計39本でした。見損ねたのは「高地戦」。朝鮮戦争停戦協定成立から協定の実効までの12時間の最前線の兵士たちの話、書いていても心が痛みます。
2012年もあとわずか。
よいお年をお迎え下さいませ。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。